「まったりゲーム三昧」内検索

誰ガ為に姫は泣く-太陽神と黄金の鍵-EX1攻略|ノーコンテクリア・ユニットの紹介

雑感

待っていた真エンド。アマテラスが主人公の今回は、レナが主人公の前回と共通したモチーフがある。

自らの犠牲によって世界を救おうとする主人公をタガタメ、シノビナ、ファンキルから招集された3人で救済するというものだ。今回も楽しめた。

願わくば、次回も同じモチーフでコラボをやってもらいたい。モチーフに縛りがあって、ストーリーを描くのは案外大変なのだ。

今回残念なのは、今のところエクストラでアマテラスの専用武具が手に入らないことだ。レナの時は、専用武具「戦場の戯曲」が手に入ったのは本当に特別だったのかもしれない。多くの場合、キャラクター(ユニット)入手がガチャで、専用武具がイベントクエストのエクストラステージで手に入るか、キャラクターはイベントクエストで、専用武具はガチャか秘密のお店だからだ。

エクストラステージ1攻略

エクストラステージ1は会心の出来ではないかと思う。ギミックはギミックで面白いのだけれど、今回は正統的に作戦を練って取り組むクエストに仕上がっていると思う。

キャラクターの顔触れや育成度合いで難易度が変わるのは間違いないが、手応え十分と云った印象だ。

取り敢えず、コンテ(コンティニュ)してクリアした後、フレンドのラハールを拝借してノーコンテでクリアした。

傭兵無しノーコンテクリア

それから何とか傭兵無しでノーコンテクリアできないものかと挑戦し続けたところ、ようやくノーコンテクリアできた。

太陽神と黄金の鍵ex1クリアメンバー

メンバーを入れ替えて

太陽神と太陽の鍵ex1クリア(その2)

いずれも最後はギルガメシュとネイカだけが生き残った。メンバー構成はまだ検討の余地がある。現時点ではノーコンテクリアまでしかできていない。当面の目標は4人クリアだ。HP回復無しのクリアは手許のキャラクターでは未だ不可能ではないかと思われる。

キーパーソン

恐らく意外なユニット構成に感じられたのではないだろうか。ギルガメシュとネイカは堅いので、容易に思い付くだろう。

ヴァネキス賢者+

肝心なのはヴァネキスを賢者+で入れているところだ。¶ Marriage-Go-Roundでヴァネキスは賢者+に完遂 で紹介した通り、ヴァネキスには極めて高い睡眠耐性がある。

これでアルバーミンに眠らされる可能性が大きく減少する。更に賢者には多種の広範囲属性魔法攻撃がある。

ソフィア

ソフィアを入れたのは、状態異常回復のコンジャンクションやHP回復のヒーリングエトワール、HP回復に物防UPも加わるディグニティマーズ、詠唱時間短縮のクィンカンクス、ストップ攻撃のインフォールサタンに期待したのもある。しかしオーティマを強化するつもりでリーダースキル「蒼水の闘舞」(水属性の魔攻30%アップ、HP20%UP)に期待していた。

しかしながら、始まってみればヴァネキスの攻撃範囲の広さにもたつき、オーティマもソフィアもあまり活躍することなく昇天した。

ギルガメシュとネイカ

ギルガメッシュとネイカは追い詰められたが奮闘して何とかノーコンテクリアに漕ぎ着けたことから、ギルガメシュだけでなくメイファンも強化できるテオナに白羽の矢を立てたというわけ。

メイファン

メイファンは、士葬銃で幻影兵・戦士をストップさせる。ストップさせた側へキャラクターを移動させれば、痛い石をぶつけられずに済む。ストップさせた幻影兵・戦士はいずれ動き出すが、タイミングが良ければ敵ユニットに命中する。

手許のメイファンはゾフィーより遅いので、「死に至る病」は頂戴することになる。これも確かソフィアのコンジャンクションで回復できると思う。ソフィアの位置取りを自由にする意味で、ソフィアが居ても死の宣告を解除するためにアイテム「天使の鈴」は持った方が良い。

クエストスタートからのあらまし

クエストが開始されて、先ず幻影兵・戦士の1人をメイファンの士葬銃でストップし、もう1キャラはシタとスピカを攻撃する。その際、石を当てられない筋で移動すること。

ヴァネキスらでシタかスピカを倒せば全ユニットが合流できる。

手前或いは奥に下がり、アルバーミンの睡眠攻撃や麻痺攻撃に堪えつつ、敵の援軍を倒していく。回復薬は全3サイズ用意し、こまめに使う。

覚醒ウズシオマルは橋を渡り切った辺りで始末するのが通例だった。

太陽神と太陽の鍵ex1攻略のテオナ

好クエストでやりがいもあり手応えもあるので、4人でクリアを目指して挑戦したい。ソフィアも改めてもう一度、使ってみたい。成果が上がったら記事にするね。



フォローする

スポンサーリンク