「まったりゲーム三昧」内検索

【絶地獄級】魔界盗賊アルミラ降臨を☆4クリアしたよ|ラハール降臨はコンテ1回で☆3

初日の【絶地獄級】ジェラルド降臨は翌日以降の予習の為と云うこともあって、ジェラルトは手許に無いが挑戦した。¶ 【絶地獄級】ジェラルド降臨を☆4クリアしたよ|クエストミッションコンプリート

二日目のラハールとエトナだがラハールは手許にあるが、エトナはないということで、【絶地獄級】ラハール降臨に挑戦することにした。

ジェラルドのミッションクエストが光属性だけでクリアだったのに対し、ラハールは火属性。どうやら対象ユニットと同属性がクエストミッションになるようだ。

火属性は思いの外厳しい。手許のユニットに大きな違いがあるのだ。コンティニュー1回でラハールの魂の欠片を13個手に入れた。AP消費が240と大きいから、何度も挑戦できる代物では無い。従って13個でよしとした。

続いて三日目は魔界盗賊アルミラと夜魔族ローザ。風属性と闇属性となる。盗賊アルミラは手許にあり、挑戦したところ首尾よく☆4クリアでミッションコンプリート。魔界盗賊アルミラの魂の欠片は15個手に入れることができた。

パーティにメンバーが揃うかどうかが鍵

取り敢えずの攻略のロジックが見えたら後は属性ごとにパーティが編成できるかどうかが問題となる。改めて攻略の要諦を押さえておこう。

【絶地獄級】降臨クエスト攻略の要諦

先ずはプロデューサーレターの一部を引用する。

増援無しクリアを目指す

今回の『魂の邂逅ハードクエスト』では、『時間がかかりすぎる』などの意見をいただきますが、チーム編成や戦略によって時間をかけずに数手でクリアができます。今後はSRPGの戦略を考える楽しさも表現していきたいと思っていますのでユニットのスキルや編成などを考えて効率の良いパーティーで挑んで新ユニットやピックアップユニットの魂の欠片を手に入れていただければと思います。(出典:プロデューサーレター「今後の魂の欠片の獲得方法について」

特に注目したいのは前半部。つまり、増援無しクリアのことを示唆しているのではないかと思う。そこで今回も増援無しクリアを目指した。

ところで、¶ 【絶地獄級】ジェラルド降臨を☆4クリアしたよ|クエストミッションコンプリート で紹介したように、増援無しクリアの為のパーティ編成には幾つかの要件が満たされる必要がある。

増援無しクリアのパーティに欲しい条件

  1. 最低5体攻撃できる範囲攻撃スキル
  2. ストップ攻撃
  3. 敵ユニットの位置を動かすスキル
  4. 状態異常の予防及び回復スキル

この中で必須と云えるのは1.だけだが、その他もできるだけ備えていることが望ましい。

1.以外が必ずしも必須では無い理由は、1.さえ満たしていれば、何らかのやり方で5体同時に昇天させることは可能かもしれないからだ。

ただ現実は、以前に知り合いのドイツ人がしばしば口にしていた言葉がまさしく当てはまる。

理論的には可能だろうけど、現実的には無理ね。The­o­re­tisch möglich, aber praktisch nicht.

要するに1.だけでクリアは可能だが、現実的には2.3.4.を或る程度は備えないと5体以上を同時に昇天させるのは至難の業ということなのだ。

火力が手間を減らす

だから1.は、ジャムを一撃昇天(ワンパン)させられる火力のある範囲スキルが理想だし、一撃が無理ならHPを或る程度削っておけば済む水準の火力は欲しい。火力が弱ければ弱いほど御膳立てに時間が掛かり、味方ユニットは危機に陥る。

幸いにして、ジャムはそれ程不可解な動きはしない。だがジャムのHPを或る程度削って御膳立てしても、攻撃範囲に5体が収まらなければならないから、その助けとして2.と3.が意味を持つ。

だが必ずしもジャムを5体ともストップさせる必要は無く、あくまでもジャム5体を一撃昇天させられる水準にまでHPを削り、5体同時にスキル攻撃範囲に収め、一撃昇天させることが目的なのだ。目的を忘れ、手段に気持ちが行ってしまってはいけない。

ラーフがオーバークロック

ラーフがシタにオーバークロックを掛ける画面だが、毒状態になったタマモはそのままジャムのHPを削り、5体以上を一撃昇天の御膳立てに力を尽くした。

回復よりストップ、回復より攻撃の場面もある

4.についても、重要だが優先順位を誤ってはいけない。回復役のユニットなら、状態回復やHP回復をするのが好い場合が多いだろうが、他のユニットで回復薬や万能薬を使用する際は、敵ユニットのHPを削ったりストップ攻撃する方が好い場合も少なく無い。

全員生存がクエストミッションに無い以上、増援無しクリアに専心すべきなのだ。

さて、以上を踏まえて【絶地獄級】魔界盗賊アルミラ降臨を見ていこう。

魔界盗賊アルミラ降臨を☆4クリアしたパーティ編成

先ずはパーティ編成を紹介する。

魔界盗賊アルミラ降臨クリアメンバー

リーダーはレンジャー【蛇】タマモ、そして他メインは、プロフェッサー【エイド】ハヅキ、奇術師+ラーフ、忍者【青龍】ティリエ、そしてフレンド傭兵に旅芸人・アト(基本祓術)、サブメンバーに海賊シタ(基本拳技)、剣豪・セツナ(基本闘技)とした。

フレンド傭兵アト

ちょっと面喰ったのはフレンド傭兵アトだ。

フレンド傭兵アト

パッとみて気付かないだろうか。

宝力の機甲鎧

☆5の宝力の機甲鎧を装備している。HP+200、物防+50、魔防+50だが、消費ジュエル+15という諸刃の剣だ。

アトは手許に無く、傭兵として使うのも実は初めてだった。恰好のリーダースキルだったこともあり、敢えて使ってみることにした。

短期決戦を考えていたこと、もし使えないなら、居ないものとし、リーダースキルだけを享受しようと考えたのだ。

ところが予防役を務めることも出来、ハヅキより早く動き、なかなか活躍した。

ストップ要員

ストップ攻撃を担当したのはラーフとティリエなのだが、ティリエの金縛りは一度も成功しなかった。ラハール挑戦時に比べ、ストップ攻撃の成功率に恵まれなかった。50%の成功率で3回試みて1回も成功しない確率は12.5%だから運が無かったと言える。

ラーフもストップ攻撃は外したが、体感的にも50%くらいに感じられた。

レンジャー【鷹】タマモの活躍

タマモを入れた最大の理由は、シャックルレインでジャムらのスキル攻撃を封じ込めようというものだ。ジュエルが無くなるとジャムは通常攻撃をせざるを得なくなる。

ただ注意が必要なこともある。海賊の三角波や剣豪の飛燕返しで意図せざるジャムの昇天を発生させるリスクがあることだ。

ただいずれもそれ程強力では無かったので、HPをそこそこ残しておけば問題は無いだろう。

5体同時昇天役

5体以上のジャムを同時に昇天させる役割は海賊シタを想定していた。そして実際にその任を果たしてくれた。

拳聖【修羅】の須佐能乎にメイルシュトロームの菱形2マス攻撃というのが筋書きだ。

一度、須佐能乎を試みるも、HPが残るジャムが居り、改めて須佐能乎からメイルシュトロームを試みた。

この際もタマモが遠方からジャムを撃ち、HPを削った。

シタが5体同時に昇天させた

因みにセツナは保険として入れておいた。言わずと知れた「ためる」から「虎振」である。

ラハール降臨はコンテ1回で☆3

1回コンティニューしてクリアした終局。

1回コンティニューでクリア

火属性はパーティ編成が難航した。フレンド傭兵にラハールを借りた。レッドマグナスの火力が光った。


改めてレッドマグナス降臨で火属性に挑戦。今回は何とかクリアできた。

  ラハール降臨では1回コンティユーしての☆3クリア。屈辱の火属性である。 どうしても欠片の欲し...

ラハールに比べて限界突破したいという思いが強かった為、攻略を検討に検討を重ねた結果、ミッションコンプリートに繋がった。



フォローする

スポンサーリンク