「まったりゲーム三昧」内検索

極・誰ガ為の錬金術師EX(焔&鷹)をクリアしたよ|満身創痍

ようやく極・誰ガ為の錬金術師EX(焔&鷹)を攻略した。ただ辛うじてクリアしたという感じ。

それなりのユニットが揃っていないと厳しい。ラスボス的位置付けのAJ7000が強力なバフを付与され、おまけにクロックアップまでされている。

バフ解除の方法もあるし、クロックダウンする方法もある。でも簡単には行かない。

満身創痍

スタート当初問題になるのはAJ6000 TYPE-Dとどう対峙するかだ。下手をすると13回攻撃しなければ倒せない。連撃はその回数分で換算できても、4連撃3回でも倒せないのだ。

早々にチャームフェロモン(呪い)・ペトロフェロモン(呪い)を伴う攻撃をするアルバーミン。

ヴェノムムアロー(呪い)を射ち込んでくる幻影兵。

宮廷魔道士の物攻シールドも問題だ。

そしてワギナオのグラビティ。

クロックアップされたAJ7000もうかうかしていると降りてくる。AJ7000と対決する前に、増援も含めて雑魚は倒しておきたい。

雑魚・・・どうして雑魚という言葉を使ってしまったのだろう。実際のところ、雑魚と呼べる敵ユニットはいない。

初期にAJ6000と共に安全を脅かすユニットがいた。エドワードだ。エドワードの大砲などのスキル攻撃は、下手をすると一撃で昇天させられる。

アルバーミンも幻影兵も呪いの攻撃で侮れない。呪いの攻撃は、呪いを掛けたユニットを倒さないと解けないからだ。呪いの元凶を倒すのが容易でないのは、宮廷魔道士の物攻シールドの効果もあるが、そこそこ固さがあることも理由となる。

そこそこと表現したのは、ワンパン(一撃で倒すこと)は可能だが方法は選ぶ。実際のところ、ジュエル切れだったり、温存したいスキルが必要だったりと案外と簡単には行かない。

ところで、呪いの攻撃については、予防策もある。プロフェッサーの予防薬などだ。アンニカに任せようと思ったが、うまく行かなかった。確率の問題だと思い、再度挑戦しようと思ったが、フレンド傭兵に現れなかった、手許にもアンニカはあるが、まだ成長途上だ。そこでノクティスに白羽の矢を立て、別の考え方で攻略することにした。

水属性だけでクリアしたパーティ編成

クリアにたどり着くために情報は集めた。悩まされたAJ6000とAJ7000を何とかしてくれそうなのはリザ・ホークアイだと分かった。幸いリザ・ホークアイは手許にある。¶ 誰ガ為の錬金術師EX(鷹)を闇属性だけでクリアしたよ|リザ・ホークアイ降臨

クリアしたパーティ

当初、ファーストジョブであるアメストリス中尉こそジョブマスターにしていたものの、それだけだった。クリア時には、ガンナーもジョブマスターにしていた。従って、多少のステータスの底上げはある。

リザ・ホークアイ

鍵を握るのがリザ・ホークアイであるというのは、初期に苦労するであろうAJ6000を一撃昇天させられることと、AJ7000の強力なバフを解除できるからだ。

防御無視スキル持ちならば、AJ6000は対処できるのだろうし、AJ7000もエンハンサーで零の波動を使うという手もあるだろう。ただ両方できるのがリザ・ホークアイということになる。

AJ7000

強力なバフを付与された上にクロックアップ付きのAJ7000だが、リザ・ホークアイの水平射撃一つでステータスは大きく変わった。

AJ7000()(水平射撃前)

射撃後は以下の通り。

AJ7000(水平射撃後)

頓死必須の状態から、辛うじてワンパンは避けられる状態となる。だが侮れない。

バフ解除後は、HPに注意しながら倒せば好い。

ミコト

魅惑の舞による魅了は結構効く。エドワード、ワギナオ、アルバーミン、幻影兵など。但し、全く効果がないこともある。また、神子・ミコトの通常攻撃は、案外と効く。

初穂の舞踊で、それ程多くはないアルバーミンのジュエルを減らして、呪いのフェロモン攻撃を防ごうとしたが、うまく行かなかった。

魅了

極・誰ガ為の錬金術師EX(焔&鷹)では、魅了の扱いが一つの考えどころだ。アルバーミンや幻影兵の呪い攻撃対策も含め、現在育成中のエリザベスを使いたかった。

ロフィア

ロフィアについては、手数を増やすためのクロックアップやオーバークロックの他、AJ7000にクロックダウンを掛けて数を減らす狙いで入れた。

特に魅了されたエドワードにクロックストップを掛けるのは、比較的安全にできて良い。また、A7000にグラビジャムホールを掛けるとストップこそかからないものの、CTが抑えられる。但し、ジュエル消費量が大きいことには注意。

オーティマ

イル・アトモスフィアは、効果範囲内に味方がいても使えることが大きい。威力もあり使いどころは多い。バフ解除後のAJ7000に使って見たかったがその前に昇天した。

クエスト開始直後は、ミコトを除く全員に夢幻盾を掛けた。ミコトは範囲外だったのだ。

アルバーミンやワギナオは胡蝶夢で眠るから、ノクティスの3連ブリザガを眠らせてから打てば当たる。

ノクティス

ストップファイラは特に風属性に有効だ。特にエドワード。そう言う意味で、基本もルシスの王子が好いかもしれない。

ノクティスは、3連ブリザガが強力だし、マップシフトでは回復もでき、厳しい局面を救ってくれることもあるだろう。

ヤウラス

素早さも高く、連撃スキルも多いことから、極・誰ガ為の錬金術師EX(焔・鷹)は向く。

レイニー

密偵で編成。密偵は、密偵技では物理攻撃、基本密偵技では魔法攻撃ができる。

クリア時の最終局面では、神子・ミコト、奇術師+ロフィア、密偵レイニーとなり、最大の火力として活躍した。

レイニーは、もっと日の目を見ても良いキャラクターだと思っている。

最終局面

取り敢えず、クリアしただけの状態で、クエストミッションはまだこれからだ。コラボと言うこともあり、期間終了後に改めて再戦できるか定かではないので、悔いの無いように取り組みたい。

育っていないキャラクターを恨めしく思うこともあるが、制約された条件(手許の条件)で挑戦することも楽しみ方の一つと考えたい。

//wakuwaku.click/hagane_ex_en_and_taka_water_2/



フォローする