「まったりゲーム三昧」内検索

【EX・極】ジャスティンズ・ジャスティスをクリアしたよ|雷属性4名で全員生存

【EX・極】ジャスティンズ・ジャスティスは、今回復刻で一度挑戦し、既に属性混成パーティでクリア済みだった。属性混成パーティとは言え、案外とすんなりとクリアできたので、クエストミッションの「4名以内のパーティでクリア」も雷属性縛りで達成できるのではないかと思い挑戦することにしたのだ。

メンバーを絞るということは、そのクエストのエッセンス(本質)を理解し、ユニットを絞り込むことに他ならない。だから遣り甲斐も大きい。

リーダを含むメイン4名、サブ2名、傭兵1名の7人編成なら、役に立つと思われるキャラクターで編成すれば、何となくクリアできることも多い。

ところが人数を絞り込むとなると、そう簡単には行かない。事情が大きく変わるのだ。便利なことよりも、必要を満たせるキャラクターを選ばなければならない。つまり取捨選択が必要となる。

雷属性のユニットだけ4名で全員生存クリア

早速、パーティを紹介しよう。

パーティ編成

EX極を雷属性4人で全員生存

リーダーはマーシャルマスター・メイファン、他はドリフター+エドガー、ヴァルキリー・テオナ、傭兵に香幻術師・フィーア(基本奇術)。

傭兵込みの4人

傭兵は、英雄王・ギルガメシュで行くつもりだったが、たまたま使いたいギルガメシュが現れなかったので、フィーアで挑戦した。4人目を自前のユニットの英雄王を使う選択肢もあったが、リーダースキルを2つ被せたかったので、傭兵を使うことにした。

攻略で考えるべき三要素

HP

ダメージ500縛りがあるクエストだからHPの大きさが物を言う。可能な限り、HPアップが高いリーダースキルが好い。

と言うのも連撃で無ければ、被るダメージ(被ダメ)は最大で500だからだ。敵ユニットの剣豪・セツナが虎振を発動しようとも、500を超える被ダメは無い。

仮にHPが2001あったとして、少なくとも4回の攻撃には耐えられる。(但し、連撃はその連撃回数分に含める必要はある。2連撃は1回の攻撃でも2回分と看做すこと。)

手数

メイファンは、リーダースキルの他に、士葬銃の活用を期待した。ケルベロス、アタックドッグやAJ4000のようにストップの効かない敵ユニットもいるが、剣豪セツナや回復を行う敵ユニットにストップが効く。回復には当然500縛りがないから、鬱陶しい存在だ。

エドガーは、ケルベロスの足止め、そしてメイファン同様ストップ攻撃を期待。弓と異なり、照準線が問題になるから位置取りには注意が必要。

テオナは、堅固さを期待。打たれ強いこと。通常攻撃が貫通で2マス攻撃できることもメリットだった。テオナとメイファンは、リアクションスキルによる反撃を受けにくいのも好い。

フィーアは、範囲攻撃を期待したが、基本奇術も良かった。ダメージ制限があることから、手数勝負になる。この場合、クロックアップやクロックダウンはとても有効だ。

AJ4000にはクロックダウンが効く。AJ4000は、増援でも現れる。クロックダウンすると戦いが楽になる。

攻略していて気付いたが、ウサリアも候補になりそうだ。中央の道では、団子状態になりがちだったので、サポートスキルの「大切な人達」や「いじめないでオーラ」も重宝しそうだ。

連携

アタックドッグは回避率が高いので、必中スキルか連携攻撃で攻撃したい。連携攻撃ではユニットレベルが重要だから、能力が同等なら、レベルの低い強ユニットより、レベルの高いユニットをお勧めする。

ダメージ制限500があるので、連携攻撃を含む通常攻撃の重要性が高い。ためるや練気功などのスキルはほぼ必要ないから、アビリティセットは見直した方が良いかもしれない。



フォローする