「まったりゲーム三昧」内検索

異層界メビウス13層、14層を野良パーティでクリアしたよ

異層界メビウス13層。鋼の錬金術師コラボでお馴染みのマップだ。鬼魔人から逃げて上を目指せ!と云う異色の勝利条件。試行錯誤を繰り返しながら、なんとかクリアできた。

そして14層。こちらも初見でとは行かなかったが、何となくクリアできた感じ。作戦を練って挑んだ13層と比べると心許ない。

13層攻略 「泣かせるアハト」

メンバーから紹介しよう。1Pである相棒は、リーダーは、七闘術師・アハト、ルシスの王子・ノクティス、サブメンバーが剣豪・セツナ。2Pであるこちらは、鍛冶師・スイラン(基本獣術)、奇術師+ロフィア、サブメンバーが迅雷の剣士・フェンサー。

異層界13層クリアメンバー

ランダムでマッチングされた相手との野良パーティ。相棒がどこまで13層を理解しているのか不明なままクエストを開始した。

どう足掻いても鬼魔人には歯が立たないから、逃げるのが正解だと思うのだが、ノクティスは鬼魔人に纏わりついて早々に昇天した。続いてセツナも鬼魔人の傍らに現れ、昇天。

一方で、スイランは最初の行動順で、敵ユニットを叩き、第一関門突破。13層のギミックでは、防御石の前の敵ユニットを倒すと、石とその後ろに控える敵ユニットも同時に昇天する。目の前のユニットを倒せばよいという意味で、小細工は要らない。

クエスト開始前の自ユニットの初期配置は鬼魔人から一番遠いところにするなど準備は必要だ。

三人の貢献者

活躍したのはアハト、スイラン、ロフィアの3人。但し、ノクティスとセツナも捨て石的な役割にはなってしまったが、鬼魔人の足止めとしては貢献したことを忘れてはならない。以下でも触れるように一手を争うクエストなのだ。

スイラン

スイランを選んだ理由は、攻撃区分が打撃であること、素早さが高いこと、自身のみに限り、しかも眠ってしまうがHP回復できることが挙げられる。風属性だと拳聖+のルシアがいるが、まだ育成途上にあることも大きい。

ロフィア

ロフィアは、いつも通りの説明になってしまうが、手数を増やすため。クロックアップ、オーバークロック、そして相手のCTをゼロにするグラビジャムホール。

魔人は一般にクロックダウンが有効だが、今回の鬼魔人はイキナリ予防してしまうから、クロック操作は効かないようだ。だがCTを下げることはできる。

それならワンダークロノスを占星術師に持たせることでもクリアできるかもしれない。ただオーバークロックは使えないし、クロックアップの回数も減る。

否、むしろワンダークロノスはロフィアに持たせて、ロフィア自身と同時に他のユニットをクロックアップすることで、単なるクロックアップより手を早くするのが本筋だろう。

それくらいシビアに時を稼ぐクエストなのだ。

アハトは、活躍した。火力はあるし、耐久もある。そしてアハトは泣かせる役割を演じた。

アハト

ロフィアがラスボス(ラストのボス)に相当する大将をチェンジングで一段下の踊り場に移動させた。大将を囲む形で攻撃できるよう踊り場9マスの中央に大将を据えたのだ。要するに大将の四方から叩けるようにした。ところが、アハトは大将に遠隔攻撃するも坂を上がって来ない。ジュエルも切れていたと思う。

どうしたことかと思ったら、身を挺してスイランの盾になったのだ。アハトは鬼魔人の一撃になんとか堪えてスイランを守った。スイランは大将になんとか止めを刺した。

クエストクリアだ、やったーと思ったのも束の間。完了を押してもクエストは続く。行動順がロフィアに回り、ロフィアが上に登って初めてクエストクリアとなった。

ノクティスの動きでは不安を感じさせられた相棒も最終局面のアハトでは魅せてくれた。

鬼魔人2体の増援

増援の鬼魔人2体が現れるのは、恐らく大将にアクセスできるところに、自ユニットが到達したタイミングだと思われる。つまり、直前の敵ユニットを倒したタイミングではない。

どういうことかというと、試しに隠密・オルガで、最後の関門をすり抜けて大将に接近したことがあった。その時も、鬼魔人の増援があったからだ。

シールド三昧もなんとなくクリア

クリアしたメンバーを紹介しよう。

異層界14層クリアメンバー

相棒のリーダーは機動騎士・バシーニ、2Pが天候師・フェアリリィ、サブメンバーがダークナイト+アスタナシア。こちらはリーダードラゴンナイト・ローザ、ネクロマンサー・マリアンヌ(基本商売術)、サブメンバーは帝国准将アラネア。

2人の宮廷魔道士、右は、ワギナオに3重のシールド、左は全体に1重のシールドを掛けるのが厄介だ。

現在15層を攻略中なのだが、作戦を検討していたら、14層をどう攻略したのか詳しく思い出せない。ただアスタナシアもアラネアも登場する乱戦だったことは記憶している。

13層程には、試行錯誤せず、何となくソロでやってみて、そして何となく野良パーティに入ったらクリアしていたという感じだったからあまり記憶にないのかもしれない。

比較的早いうちに、宮廷魔道士は倒したと思う。アラネアのマスターアビリティも発動した。

14層を改めてクリアする機会が有ったら、追って書くこともあるかもしれない。14層については有用な情報が伝えられず申し訳ない。



フォローする