「まったりゲーム三昧」内検索

ファントムオブアルケミスト3[EX2]攻略|魔法剣士隊の出撃

ブラックキラーズティルフィングが装備するとマスターアビリティ/ウェポンアビリティ「黒式・幻影朧」を発動できる武具「黒奏剣『骸斬』」の欠片収集クエストでもあるファントムオブアルケミスト3EX2は、欠片のもらえるクエストミッションは全て完了した。

  • 敵を殲滅する
  • 敵を3体以上同時に倒す
  • ティルフィングで最後の敵を倒してクリア
  • 武器種:「剣」のユニットのみでクリア

の☆4つだ。

残す☆は2つ。

  • コンティニュ―せずに全員生存
  • 1度のバトルですべてのクエストミッション条件を達成

である。最後のクエストミッションが重要。つまり既に達成した4つのクエストミッションを改めて満たさなければ達成できないということだ。

ノーコンテは問題ないが、全員生存はなかなか厳しそうだ。チーム編成の見直しも必要になるかもしれない。だが何とかなるだろう。

まだよ、この程度じゃオリジナルになんてなれない!

編成の指針として、クエストミッション全☆6つに繋がる編成を心掛けた。つまり、武器種:「剣」のユニットで編成するということだ。

クエストミッションの個別クリアの集積で、全てをクリアすることが不可能である以上、クエストミッションをすべてクリアしようと思えば、武器種:「剣」での攻略に慣れて行った方が良いという判断だ。

守護獣3体

ステージ情報

ステージ情報は2つの情報からなる。一つは対○○の守護獣。もう一つはティルフィンググリードのリアクションアビリティ「粛清の黒」を阻む状態異常だ。

対○○の守護獣

3体の使い魔が確認できるだろうか。今回は守護獣と名付けられていて、左から対魔法の守護獣、対斬撃の守護獣、対打撃の守護獣となっている。

各々の名称の付された守護獣がいる間は、その区分での攻撃はほとんど効果が無い。該当する攻撃区分の守護獣を倒せば通常のようにダメージが与えられる。

従って、守護獣を倒すことが当初の課題となるのだが、武器種:「剣」ということもあり、中央の対斬撃の守護獣がクエストクリアに最も重要であることに疑いは無い。

実際に、初クリア時には中央突破でティルフィンググリードを仕留めた。その時は、「ティルフィングで最後の敵を倒してクリア」と「武器種:『剣』のユニットのみでクリア」を達成できただけだった。

因みに、「最後の敵」とは、クエストの勝利条件からすれば当然だが、必ずティルフィンググリードである。

リアクションアビリティ「粛清の黒」を阻む状態異常

ティルフィンググリードのリアクションアビリティ「粛清の黒」を阻む状態異常はスタンだ。スタン攻撃でスタン状態になると粛清の黒は発動されない。

スタン

ティルフィングやクロエならシールドバッシュで攻撃する。スタン状態になったティルフィンググリードにターンが回ると回復してしまうが、それまではリアクションアビリティ粛清の黒による反撃を受けずに攻撃が続けられる。

またシールドバッシュでは、charge状態のティルフィンググリードを中断させられる。つまり、スタンから回復したらまたchargeし直すことになるのだ。

従って、スタン攻撃持ちのユニットが複数居れば有利に進められる。

チーム編成の考え方

クエストミッションを踏まえると、武器種:「剣」のユニットで編成したい。

クエストにティルフィングが主人公として登場するから、属性を統一するなら光属性ということになる。

武器種:「剣」ということで、ホーリーナイトら物攻系ユニットが頭に浮かびやすいが、魔攻ユニットを入れることを考えた。魔法剣士だ。

魔法剣士隊として、オルガとネイカを入れた。魔法剣士と云うと機動性が劣る印象だが、ホーリーナイト【ギア】は、ギアブレイクがある分、機動性は高くなっているとは言え、同じMove3、Jump1だ。使えないことは無い。オルガだと、サポートスキル猿飛でMove4、Jump3になる。

魔法剣士のストーンソードはここでも役立った。結構石化が効くのだ。

石化の有用性は、一撃で倒せない相手を一発で黙らせることだ。但し、守護獣とティルフィンググリードには効かない。

さてメンバーを見よう。

ノーコンテで☆4つクリアした編成

リーダーを魔法剣士・ネイカ(基本鎧魔技)、他は魔法剣士・オルガ、ホーリーナイト【ピエタ】クロエ、そして主人公のホーリーナイト【ギア】ティルフィング、フレンド傭兵にホーリーナイト【ギア】ザイン。

リーダーをネイカにしたのは、リーダースキル「暁光の極意」でHPをアップさせるのと魔攻をアップさせるためだ。ザインで物攻、ネイカで魔攻を強化すれば、魔法剣士が活きると考えた。だが石化にこそ成功したが、その後の活躍を見ることなく昇天してしまった。それでも3ユニットは石化した。

いずれにせよHPをリーダースキルで強化しておきたい。弓攻や魔法攻撃で何発かまとめてお見舞されることがあるからだ。ユニットには或る程度の耐久性が求められる。

ティルフィングでも耐久性に不安を感じるくらいだ。※

※ ティルフィングは、ホーリーナイト【ギア】こそジョブマスターであるものの、他ジョブなど育成途上※※ということがあるかもしれない。

※※ 後から気付いたが、アビリティも上げきっていないという体たらくだった。

3体以上を同時に倒す

反射石がある為、うっかりしたところで範囲攻撃を発動すると、自爆してしまう。

3体同時に倒す

だが場所を選べば、反射石と反射石の間の敵ユニットを巻き込める。

ティルフィンググリードへの止めはティルフィング

ティルフィンググリードを昇天させるのはティルフィング。魔剣ティルフィングのウェポンアビリティであり、ティルフィングのマスターアビリティであるショックトゥキル。

ショックトゥキル

次回は自軍に犠牲者を出さずに決めたい。



フォローする