「まったりゲーム三昧」内検索

ジーク25凸完遂|血狼と呼ばれてもエクストラ(極)攻略

ディオスとロギそしてアガサの父親でもあるジーク。

タガタメの中では、ディオス、ロギ、エドガー、リズベットに次いで重要キャラだと思う。

いずれは育てないとと思いつつ、復刻の度に多少は手を出しつつもそのままになっていた。

ところがツイッターで刺激を受け、重い腰を上げてやってみることにした。

3話

先ずは3話の周回が残っていた。AUTOで周回しジークの魂の欠片を入手。

クエストを見て思い出した。アスタナシアには随分といじめられた。今回も勿論、アスタナシアは健在である。ブラッディ―ローズは強烈だが、息の根は止められないのがミソ。

エクストラ(極)

続いてはエクストラ(極)のクリアを目指す。

  • 傭兵を使わないでクリア
  • 敵を2体以上同時に倒す
  • 全員生存

の各々をクリアするとジークの魂の欠片50個が手に入る。

正直言って単なる周回よりも、困難なミッションがあってそれを実現するために何回も挑戦するという方が好きだ。それにゲームとしても上等だと思う。

初回クリア

初回クリアでは、1つも実現できなかった。それでもイベントミッションクリアのヒストリーミッション報酬がある。嬉しい。

血狼と呼ばれてもエクストラ極クリア

傭兵を使って何とかクリアした。傭兵はザインかオーティマだったと思う。血狼と呼ばれてもエクストラ(極)では傭兵を使うならザインが良いだろう。

初めはオーティマの胡蝶夢で、アスタナシアとサバレタを眠らせようとした。サバレタは寝るけれども、アスタナシアには効かないようだ。

アスタナシアとサバレタを同時に

それよりも、始めからオーティマのイル・アトモスフィア、ギルガメシュの王の財宝、セツナの虎振、ザインのシャイニングフレアをお見舞いした方が良い。

同時に敵2体は傭兵ザインを使ってこのように集中砲火して、アスタナシアとサバレタに昇天してもらった。

ブラッディ―ローズを食らったら、ファントムマスター・オーティマの神療術か占星術師・ソフィアにお世話になる。

占星術師ソフィア

占星術師ソフィアはアビリティセットで基本占星術を付けている。サポートアビリティにはエレメントバランスと高速チャージ。

占星術師は被弾すると脆いが、或る程度敵ユニットと距離をとれれば強力だ。今回のように敵ユニットがやたらには動かないクエストは向いている。

憤怒の刃でギルガメシュが突進した時、コンジャクションで平静に戻した。一方、ソフィアまで憤怒の刃を食らい、手が付けられないこともあった。

回復スキルは3ターンの物防アップ付きのディグマニティーズとヒーリングエトワールもある。奇術師を思わせるストップ攻撃であるインフォールサタンやCTを0にするグラビテーションなんていうのもあって、占星術師はいろいろできて楽しい。

右から

右に回り込む

アスタナシアとサバレタを倒して右に回り込み、ヴァネキスとブラドを倒しホッとした局面で、敵を2体以上同時に倒すと全員生存を達成した回の画像。

この後、セツナはカイザーの攻撃で瀕死の重傷に何度もなるが、超回復薬を使うなど何とか凌いだ。当たり前だけど、風属性のセツナに火属性のカイザーはキツイ。

因みにセツナは剣豪で基本闘技。ためるの後、斬釘截鉄は憤怒の魔人に効果的。

全員生存は神経を使うね。

2枚抜きの際にはアラネアとネイカに出番は無かったよ。えへへ。

エキストラ☆3

こうして25凸は達成したものの・・・

ジーク25凸達成

レベルは72という・・・それよりもジョブレベルだね!!


ところで、途中からブルーライトを削減する設定にしたところ、見た目だけでなく、スクリーンショットも影響を受けていました。



フォローする