「まったりゲーム三昧」内検索

異層塔ヴェーダ101階をクリアしたよ

異層塔ヴェーダβ版 境戒次元 101階をようやくクリアした。

クエストミッションが3つあり、すべてをクリアした上でクエストクリアしないと次の階が解放されない。

但し、すべてを同時に満たす必要は無いので、何回かクリアする前提に立てば、難易度はグッと下がる。

折角だから、同時に3つを達成した上で、クリアしたいと粘ったが、終盤に1体昇天し、全員生存を残してしまった。

今回は初見ということもあり、期間内に全10階を踏破することを目標としているので、先を急ぐことにした。

全員生存は、異層塔ヴェーダの性格上、或る程度敵ユニットを倒したうえで、一旦全滅し、改めて全員生存を目指せるので難易度は然程高くは無い。

異層塔ヴェーダ 境戒次元の「β版」が取れた本開催の101階は、「β版」107階のようです。

上から順に読むのがお勧めです。

初回クリアは一歩足踏み

敵ユニットはAJシリーズとラットンの編成だ。

敵ユニットだけを見ると、機械特効の多い雷属性で挑みたくなるが、属性は火属性である。

ギミック

マップ上は至る所に敵ユニットには無効のトラバサミがあり、移動は困難を極める。

トラバサミ

踏めば一律2000のHPを持っていかれるため、それなりにHPのある無傷ユニットなら即死は無いだろうが、踏まないに越したことは無い。

トラバサミ

これまでは敵ユニットを嵌めて利用できただけに諸刃の剣だったが、今回は障害物となった。

ところで、このトラバサミだが、避けて通れば良いだけでは無いのだ。

敵ユニットの攻撃により、位置を移動させられてしまう。

先ずはクエスト開始直後に、AJ6000の射撃攻撃の洗礼を受けることになるだろう。

前に後ろに右に左にと動かされる。

この脅威を取り除くために、バフパネルを設置する。

隣接バフラットン

101階での最大の脅威は恐らく5体の隣接バフラットンだろう。

「キモロボ」なんて呼ばれているAJ7000も真っ青の高火力を放つこともある。

名前から想像できるように、隣接ユニットが有ると物攻を大きく上昇させる。

重複可能なので、1体の隣接バフラットンなら、一撃で昇天させられるようなことは無いが、隣にラットンが居ると火力が変わってくるのだ。

隣接バフラットンはどのユニットが隣でも、自分と相手にバフを付与するので、隣接バフラットン隣のAJ7000から攻撃を受ければ、一撃昇天は必至※だろう。

※ GUTSは除く。

全員生存こそ逃したが、水属性ユニットだけでジュエルスフィアをとってクリアに成功した攻略を紹介したい。

パーティ編成

1度のバトルで全員生存こそ逃したものの、ジュエルスフィアを奪取してクリアしたパーティ編成はこれだ。

パーティ編成

肝心なところで下手を打ってしまい、全員生存を逃したのが悔しい。恐らくこのバーティならば全員生存もいけるはずだと思う。

先を急ぐことにしたことは既に触れた通りだ。

リーダーはファントムマスター+オーティマ、他は風水師・アンニカ(基本奇術)、水精霊彩師・レティシア(基本神殿剣)、シュガーウィザード・ロフィア、拳聖【修羅】シェイナ、双剣麗将・ヤウラス(基本闘技)、占星術師・ソフィアとした。

攻略の流れ

高みにあるジュエルスフィアを取ることもクエストミッションになっているから、敵ユニットを待つだけというわけにはいかない。

ジュエルスフィアへのルートだが、右回り、左回り、その両方からの挟撃が考えられる。

他にも序盤から移動スキルで高みに上がることも可能ではあるが、このルートの攻略は現実的では無いと判断した。

右回りと左回りを比較した場合、右のAJ2000は比較的容易に放置できること、左回りは道が狭く、ラットンにとって隘路となりうることから、左回りを採った。

序盤

序盤はアンニカとレティシアでバフパネルを設置し、トラバサミに上書きして消して行く。

その間に、オーティマは、絶対零度でAJ2000のシールド3枚を剥がすことも重要だ。

ところで図のシェイナだが、ジュエル獲得の為にAJ2000を叩いておく。この段階では倒す必要は無い。

左右に分かれて初期配置されていたメンバーが合流したら第一段階が終了だ。

迎撃体制

合流と同時に迎撃体制を整えたい。

迎撃体制とは、隣接バフラットンに隣接したユニットと隣接バフラットンから攻撃を受けず、攻撃できる体制である。

壊れない壁と障害物は上手く活用したい。

バフパネル

可能な限り、トラバサミは上書きする。

トラバサミが無ければ、チェンジングで他のユニットに隣接した隣接バフラットンを引き離すこともできるからだ。

何度か挑戦した中には、慌ててチェンジングしたら下はトラバサミで、即死こそしなかったものの直ぐに攻撃を受けて昇天という場面もあった。

迎撃の考え方としては、

  • 隣接バフラットンの攻撃の手を止める
  • AJを隔離して叩く

である。

具体的に説明すると、隣接バフラットンの攻撃の手を止めるのは、オーティマが胡蝶夢で眠らせたり、アンニカやロフィアがクロックストップやグラビジャムホールを掛ける。

AJを隔離するのは、チェンジングを使うのが典型的なやり方だ。勿論、自ユニットが障害物となって、敵ユニットを誘導するなんてこともする。

考え方は単純だが、なかなか実際にやるとミスが出やすい。

上の画像の黄緑色の円は、風水白銀盤の「『八卦』生気活性陣」のものだがかなり有用だった。

統彩オベロン

火力が欲しい、防御力が欲しいと思う中、統彩オベロンはジュエルを大量消費するものの強力だった。

HP回復

自らが用意したバフパネルと多彩な回復スキルのお蔭でHP回復は普段に比べあまり苦労しなかった印象だ。

オーティマに「神療術」、アンニカに「八卦『豊穣大地』」、レティシアに「ヒーリングウェイブ」がある上に、「『八卦』生気活性陣」の他、陣彩ユルルングルによる治癒力アップパネルまであったからだ。

ジュエルスフィア

AJ7000が壊せる壁を壊してしまうこともあるが、AJ2000は積極的に壊しには行かないようで、自ユニットが離れれば大人しくしている。

他のユニットを根こそぎ倒し、ジュエルスフィアを獲得してから倒そうと考えていた。

ジュエルスフィアを目指して

壁は壊されていたようだが、離れたところでちょこまかと動いたAJ2000のHPゲージが柱のところで確認できる。

AJ5000を倒してジュエルスフィアを獲得した後、目論見通り最後の敵として対峙した。

ジュエルスフィアを獲得するヤウラス

これがシェイナかあるいは交代してのものだったら、全員生存で晴れて102階に挑戦できたのだが、全員生存が残ってしまった。

結果

全員生存

残った全員生存だが、既に触れた通り、敵ユニットを減らしてから新たに挑戦するという選択肢も念頭に置けば困難なことでは無い。

光属性パーティに恒例のフェアリリィ、アマテラスの毒撒布コンビにクロエやネイカを入れて、ある程度敵ユニットを減らした。

隣接バフラットンを軒並み倒し、改めて、既に紹介した水属性パーティで全員生存を果たした。


改めて1度のバトルでクエストミッションをすべて達成したい。



フォローする