「まったりゲーム三昧」内検索

異層塔ヴェーダ109階をクリアしたよ|状態異常攻撃には状態異常攻撃で!?

異層塔ヴェーダβ版 境戒次元109階。

いずれは追加されるのだろうが109階をクリアすれば、残すところ最上階のみとなる。

完遂まであと僅かとあって、逸る気持ちが抑えきれない。

本記事は107階、108階同様に次開催への備忘記録の域を出ていない。

次開催での攻略の為に

自ユニットの初期配置は、マップを正方形を45度傾けたものと見立てると、東西南北に1ユニットずつ、中央に1ユニットが配置されることになる。

南(下)にリーダーである1P、東(右)に2P、西(左)に3P、北(上)に4P、そして中央に5Pである。

つまり自ユニットは散らばっている為、近くにどのような敵ユニットが配置されているかを考えてパーティ編成すると好い。

勿論、常に配置は勘案してパーティ編成すべきではあるが、リーダー以外の順番は特に問わないクエストもある。

109階はその意味で、パーティ編成での並び順が特に重要なクエストということだ。

注意が必要なのは、中央下階に四元素1体ずついる計4体のグラトニー兵(弓)が必ずしも下に居る5Pを狙うわけでは無いと云う事。

グラトニー兵(弓)

留意すべきは状態異常攻撃である。

さりとてできることと云えば、メンバーが散らばった状態で、アイテムも使えないヴェーダだから状態異常の耐性を上げておくことと、ある程度は状態異常になることを覚悟しておくことくらいだろうか。

青い円の射程アップパネルは射程+3すると共に回避率が大幅アップするが、グラトニー兵(弓)は必ず近くに居る5Pを狙うわけではない。

パーティに天候師を入れた時だったと思うが、5Pには目も呉れず、上階に居る天候師を射掛けてきた。

回避率の高いユニットを5Pに入れたところ、肩透かしに遭った感じだった。

また射程アップパネルの回避率大幅アップも過信できない。ユニットによっては、回避スキルを発動して、ようやく回避してくれる感じがした。

状態異常

グラトニー兵(槍、魔法剣士)は死の宣告が入り易かった。(75%)

グラトニー兵(槍)には低確率だが毒も効いた。

状態異常攻撃が鬱陶しいグラトニー兵(弓)には睡眠が有効。

ヴィヴィやクラージュは沈黙とクロックストップが効く。

ヴィヴィには麻痺が効いた。サバレタの瞬走刃・痺だったので、確率表示は確認できないが、数回試みてすべて麻痺させられた。

麻痺

グラトニー兵(槍)には麻痺は効かない。尚、麻痺は時として、直後のターンは動けることがあることにも注意。

クラージュに死の宣告は効く。(100%)

死の宣告

クリア

クリア時の行動不能ユニット数が9となっているので、恐らく3、4回出撃してクリアした形だろうか。

5人以内でクリアと男性ユニットだけでクリアを達成後、全員生存を達成して110階に進んでいるので、クエスト自体は2回クリアしている。

グラトニー兵(魔法剣士)の攻撃が比較的強力だ。クエストクリアよりも、全員生存に手間取った。

何体同時に倒すなどのクエストミッションが無いので、何回か出撃すればクリア自体はでき、110階に進める。



フォローする